セフレNOW【安全確実すぐヤレるセフレ募集サイト&アプリ情報2018】

ブサメンでもセフレを探してSEXを楽しむため、セフレサイトで簡単に出会う方法と、イマコレなセフレサイトを厳選して紹介しています。

あなたにおすすめのセフレ募集サイト!女性が喜ぶ機能満載だからあなたのセックス相手探しにGood!

セフレをスク水姿にしちゃった

セックス体験談

18歳女子大生のハリのある肌とピンクのマン子!制服スク水体操服コスプレを堪能

投稿日:2017年3月12日 更新日:

ツイッター仲間のMasatoさんはJKが大好きな40代独身です。
本来ならば、JKの年代の娘がいてもおかしくない年齢ですけど、若い女の子がたまらなく好きです。
しかし、本当に若いセフレがほしいんです。
JKにいっちゃうと逮捕されるので、今は18歳のJDを専門にネットナンパしています。

とはいうものの、18歳JDを狙い撃ちというのはなかなか難しいのですが、最近の彼の成功例を彼になりきってご紹介します。

巨乳女子大生ユカとの出会い

Masatoさんには1年ほど愛用している出会い系サイトがあります。
それは「PCMAX」ですが、当日会える若い女性が結構いるので、お気に入りの1つです。
その日は土曜日で朝から女の子のフレッシュな書き込みチェックをしていると、気になるものがありました。

「18歳のユカです。
今年の春から憧れのJDになりました。
彼氏は一応いますが、エッチの気持ち良さがわかりません。
そこで、気持ち良さを教えてくれる人はいませんか?
できたら年上の人お願いします。
ユカはポチャですけどそれでもOKの人いませんか?
必ずお返事するのでよろしくね」

セフレ探しに奔走していたMasatoさんにとっては、夢のような内容です。
すかさず1番乗りを目指してメールを送信すると5分もしないうちに返信が届きました。
多分、一番乗りできたのかもしれません。
そこから数通のメールを経て、会うことになりました。

少しメールの内容を紹介すると、彼氏のセックスが乱暴で痛いこと、今日は乳首が腫れているので優しく気持ちよくしてほしいことがメールで分かりました。
Masatoさんの要望は、
制服
スク水
体操服
JKコスプレ3点セットのお願いしました。
もちもんOK、ユカが持参してくれるといううれしい申し出でした。

出会ってびっくり!ボヨヨ~ン

時間10分前に到着待っていると、ほぼ時間通りにユカちゃん登場。
「どぉ」思わず意味のない声がもれる。
とにかくデカい、揺れている。
「何カップ?」「え~Gだけど」確かに小太りだけど、巨乳で色白たまりません。

「じゃ、行こうか?」
横に並ぶとよく分かる、本当に圧迫感が凄い。
たすき掛けになったバッグの中にはJK3点セットが入っているかと思うとホテルに向かう足も早まった。
ホテルに着くと
「最初はどれにします?」
「じゃあ制服で」
ということで、別々にシャワーへ。

先にすませて、そわそわしているとコスプレJK登場です。

夢にまで見たコスチュームプレイ!

コスプレとはいえ、やはり若い体は素晴らしい、肌のハリが違う。
軽いキスから始め、徐々にディープキスへ、いやらしく舌を絡め合いながら太ももを撫で回しました。
さすがにこの前までJKはたまりません。

次はおっぱいです。

白いハリのあるGカップの巨乳、かわいそうに彼氏に乳首をいたぶられたのか真っ赤に腫れていました。
もちろん、制服は脱がせずにボタンを外してじっくり観察してから優しく舐める。
時々ユカちゃんの顔がゆがむが少しずつ気持ちよくなっているようです。

おっぱいはそのくらいにしてクンニタイムに突入しました。
外見はピンク、いい色です。
ヒダを押しのけて開いてみると、若い女の子らしく、きれいな赤味を帯びています。
クリトリスに舌先が触れた途端、腰がはね上がる。
「彼氏はクンニしてくれないの?」「うん。
もっとして」制服を見ながらのクンニはすごく興奮できます。

クリトリスをしつこいくらいに舌で舐め吸い、指で膣を刺激します。
もうグッショリ濡れています。
「イっちゃう、やめて~ぇ゛」
クリトリスは舌で、
膣は手マンで、
徹底的に責めること約3分悲鳴にも聞こえるイき声を上げながら彼女はイってしまいました。

このあと彼女の希望もあり生挿入でフィニッシュでしたが、制服の威力は絶大です。
しかも、JDですから法的にも何のお咎めもありません。
あと、スク水、体操服と計3回限りのセフレとして楽しむことができました。

-セックス体験談

Copyright© セフレNOW【安全確実すぐヤレるセフレ募集サイト&アプリ情報2018】 , 2018 AllRights Reserved.

女性向け『ワクワクメール《18禁》』はセフレ募集に最適!
バナー:出会い系サイトの「ワクワクメール」